コンプレックスを解消したいなら

女性と男性

ヒゲが濃すぎて、口の周りや顎や頬が、遠くから見てもハッキリと分かるくらい青い状態の男性もいるでしょう。もしも、その状態をコンプレックスに感じているのなら、エステやクリニックで利用できる脱毛を受けてみることを考えたほうがよいです。それらの施設では、脱毛用のレーザーを使って、肌からヒゲを取り去ってくれるので、青いという悩みをバッチリと解決できます。現在では男性用の施設もあるので、女性に脱毛を受けているのを知られるのが嫌な方でも安心です。なお、顔にヒゲがまったくない状態にすることもできますし、間引いてもらうことで一般的な男性と同じ濃さにしてもらうこともできます。自身の意思で濃さを決められるので、ツルツルの肌になるのは嫌だと感じる方にもおすすめできます。ちなみに、全体的に脱毛をするのではなく、指定した一部だけ行ってもらうことも可能です。そのため、現在ヒゲを生やしていて、手入れを楽にしたいと考えている方にピッタリです。例えば、口の周りにだけ生やしている方は、頬に生えるものは頻繁に剃らなければ、デザインが崩れて格好が悪くなってしまいます。そこで、頬の部分のみを脱毛してもらえば、デザインを簡単に保てるようになるので、手入れの手間を大幅に減らせます。もしも、すでにヒゲのデザインが決まっているというのなら、そこ以外の毛は無駄なので、除去してもらうことを考えましょう。

日焼けは施術にとって大敵

カミソリ

ヒゲの脱毛を行うときに、絶対にやらなければいけないのが、太陽からの紫外線による日焼けへの対策です。日焼けをしてしまうと、レーザーを使っての施術ができなくなる可能性があるので気をつけましょう。脚の毛やわき毛を脱毛してもらうときは、衣類に隠れるため日焼け対策はとても簡単ですが、ヒゲは顔にあるので難しいです。日焼け止め用のローションやクリームが販売されているため、それらを使ってヒゲ脱毛に挑みましょう。なお、施術を受ける前だけではなく、ヒゲ脱毛が終わったあとにも日焼けをしてはいけません。肌がダメージを受けている状態で、紫外線を浴びてしまうと、施術した箇所にトラブルが起こる可能性があるからです。ヒゲをスッキリできたとしても、見た目が汚くなっては意味がないので、適切なケアをするようにしましょう。もちろん、エステやクリニックで脱毛をするのなら、カウンセリングのときにやり方を教えてもらえるため、これまで日焼けケアをしたことがない方でも安心です。